AIC大阪オフィスブログ

2014年06月17日

オーストラリア電源プラグ

イメージ

オーストラリアのコンセントの差込口は日本とは形状が違うので、電化製品をそのまま持って行っても使えません!
利用するにはOタイプと呼ばれるタイプの変換プラグが必要で、電気屋さんや旅行用品店で購入可能です。買い忘れた人のためにAIC現地オフィスでも販売していますが、数に限りがあるのでご注意ください。
また、電圧は220-240Vと日本より高いので(日本は100V)、対応していな家電をそのまま変換プラグを利用して差し込んでしまうと壊れてしまいます。パーティでラジカセをそのまま差し込んでる人がいて煙が上がったのを覚えています。最悪、火災になる場合もあるので注意しましょう。電圧が違う場合は電圧変換器を利用しましょう。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
36
今月の残り席
14


2017年11月18日現在