AIC横浜オフィスブログ

2018年02月16日

Langportsインタビュー

イメージ

こんにちは、日本支店です。
バイロンベイの語学学校BBELSに続いて今回はLangports English Language Collegeインタビューのご紹介です。
Langportsはブリスベン、シドニー、ゴールドコーストにキャンパスがある語学学校です。
今回はブリスベンのスタッフにお話を聞きました。

 

*************************************************************************

☆学校の特徴、他校との比較を教えてください☆

1.経験豊富な講師陣と学ぶユニークなコース

 

ラングポーツでは、ビギナーからアドバンスレベルの生徒さん向けに、ユニークで革新的なコースを提供しています。最もポピュラーなコースはUFO Englishです。

UFO Englishでは、生徒の皆さんそれぞれの得意不得意に合わせてレベルを決定し、時間割を組みます。また各種試験対策コースやアカデミック英語もご提供していますので、皆さんのゴールに合わせて、学習プランを組む事が可能です。1クラスの人数は最大16人、平均12-13人と、小規模のクラスも特徴の一つです。

 

★AICスタッフのコメント

私もLangportsさんといえば”UFO”というイメージを持っています。

生徒さんの各スキルのレベル分けは、スキルによって得意不得意がある生徒さんにはとても良いですよね。

またコースも豊富なので、長期学習の生徒さんにとってはゴールを決め、目標までに様々なコースを組み合わせ勉強をしていけるので総合的なスキルアップにつながりそうですね。

 

 

2.豊かなNationality MixとEnglish Only Policy

 

毎年、ラングポーツでは50以上の国から生徒の皆さんをお迎えしています。そのため、ラングポーツでお勉強なさった皆さんは、世界各国色々な所にお友達、ネットワークを持つことができます

学校ではEnglish Only Policyがありますので、色々な国のお友達を作りやすく、また英語力の向上にもとても有効です。

 

★AICスタッフのコメント

色々な国のお友達を作ることは語学学校に行く醍醐味でもありますね!

 

3.“BEST ENGLISH SCHOOL IN AUSTRALIA”

 

私たちはEducationStarsという口コミサイトで、生徒の皆さんからの投票で、オーストラリアNo1の学校に選ばれています。

ラングポーツは、生徒の皆さんの満足していただくことを第一に考えています。より良い環境をご提供するため、全ての生徒の皆さんに定期的にアンケートを実施し、その回答を基に見直しや改善を継続して行っています。

 

★AICスタッフのコメント

定期的にアンケートの実施、見直し改善!素晴らしいですね。きっとこれが各国から多くの生徒さんが集まる理由ですね!

 

4.ロケーション

 

ラングポーツはブリスベン、ゴールドコースト、シドニーの3都市にキャンパスがあり、それぞれとても便利な場所に位置しています。またそれぞれラングポーツだけのビルなので、安心して学生生活を送ることが出来る環境が整っています。

上からシドニーキャンパス、ゴールドコーストキャンパス、ブリスベンキャンパスの写真です。

イメージ画像イメージ画像イメージ画像

 

★AICスタッフのコメント

多くの語学学校がビルの数フロアを学校として持っている一方で、学校だけのビルというのは確かに関係のない人の立ち入りがなく安心ですね。

 

5.質の高いサービス (Activities, accommodation and work experience).

 

ラングポーツのスタッフは、生徒の皆さんのオーストラリア生活を全力でサポートいたします。例えば

  • アコモデーションの提供
  • 放課後、週末アクティビティ
  • お仕事探しのお手伝い(履歴書の書き方や面接で役立つ英語など)
  • インターンシップ、デミペア、ボランティアなど英語+αの体験の手配、など

★AICスタッフのコメント

ラングポーツといえばアクティビティが豊富というのも私のイメージにあります。友達つくりのきっかけにもなりますので、積極的に参加してもらうと良さそうですね。

またインターンシップやボランティアに興味のある方もいらっしゃるのでそういった方には+αの手配が可能というのは大きいかもしれません。

 

☆学校周辺にはどのようなおすすめスポットがありますか☆

◎ブリスベン:クイーンストリートモールや、サウスバンク(安い映画館もあります)

サウスバンク

 

◎ゴールドコースト:サーファーズパラダイスやビーチ(お昼ごはんをビーチで食べる生徒さんも多いようです)

Surfers Paradise

 

◎シドニー:ダーリンハーバーにはお洒落なカフェやレストランが沢山あります。また市内にはデパートや沢山のお店があるので、買い物やお茶をして帰る生徒さんが多いのではないかと思います。放課後行く場所ではないですが、フィッシュマーケットも近くにあるので、お魚が恋しくなった生徒さんにはいいかもしれません。

ダーリンハーバー

 

★AICスタッフのコメント

各都市のお勧めありがとうございます!

どこの都市のキャンパスに行っても学校周辺には帰りにふらっと寄れそうなところがありますね。

ちなみにゴールドコーストキャンパスはAICオフィスのすぐ目の前です◎

 

 

☆学校ではどういったことが学べますか☆

UFO、TOEIC, IELTS, Cambridge, EAP、Internship, Demi-pair, Volunteering

英語はもちろんのこと、様々な国の生徒さんがいらっしゃる環境ですので、異文化コミュニケーションや、物事を考える力なども、向上する機会が沢山あります。

 

★AICスタッフのコメント

コースが豊富で良いですね。

私も偉そうなことを言える立場ではないですが、私の経験上、日本人の学生さんは考える力や自分の意見を言う力が他の国の生徒さんより弱い印象があります。海外での生活、語学学校での生活や授業はこういったことを強化するきっかけにもなりますし、もちろんコミュニケーション力向上にもありますので、成長できる良い機会ですね。

 

☆どういった学生が多いですか☆

私たちは毎年、50以上の国から生徒の皆さんをお迎えしております。

また、年齢は16歳から80代までと、様々な生徒さんがいらっしゃいます。ですが、国籍・年齢を問わず、皆さんとても仲が良い印象です。

ゴールドコーストは一番年齢層が若く、平均年齢は22-23歳となります。ブリスベンは24-25歳、シドニーは27歳が平均年齢となっています。

キャリアアップの為にお仕事を休職もしくは辞めていらっしゃる方もいらっしゃり、とてもプロフェッショナルな方々が多いです。

日本人の生徒さんですと、1週間の短期から、1年留学の方まで様々な方がいらっしゃいますが、ここ数年休学留学などで長期でご就学なさる方が増えているような印象です。どの生徒さんも、まじめで意欲がある方が多い様に思います。

 

イメージ画像

 

★AICスタッフのコメント

キャンパスによって平均年齢が変わるのですね。日本人の生徒さんはたまに年齢を気にされる方もいらっしゃるのでそういった方は同じ学校でもキャンパスで調整をすることも可能ですね。

 

☆授業はどのような構成ですか☆

生徒の皆さんはそれぞれ違った得意不得意、学習ゴールやライフスタイルをお持ちです。それぞれのご要望に合う様な、フレキシブルで豊富なコースをご用意しています。

例えば、UFO Englishでは、USE, Reading, Listening, Writing, Speakingそれぞれレベル分けを実施し、ご自身に最適なレベルで学習を進めることが可能です。

また、学習ゴールに合わせて選べるOptionクラスや、UFOではカバーされないエリアの英語を学ぶことのできるWorkshopをご用意しています。TOEIC, IELTS, Cambridgeの各種試験対策コースや、ボランティア、インターンシップ、デミペアなどのEnglish +αプログラム、またEAP(アカデミック英語)・Pathwayなど、皆さまの様々なご要望にお応えできるコースやプログラムを揃えています。

 

★AICスタッフのコメント

OptionクラスやWorkshopを上手に活用し、様々な分野の英語を学べるのはとても良いですね。

 

☆教員やスタッフの雰囲気はどうでしょう☆

家族経営の学校ですので、講師陣やスタッフはとてもフレンドリーです。また、講師陣はとても熱心で、英語力を向上したい、という生徒さんの要望に応えられるよう、最大限の努力をしています。

 

★AICスタッフのコメント

私もすべてのキャンパスを訪問させて頂いたことがありますが、どのキャンパスでも必ずすべてのスタッフがフレンドリーに接してくれる印象があります。

私は生徒ではないですが、シドニーキャンパスでレセプションの前で待っている際に、「困ったことはない?」と数名のスタッフが聞いてくれたことを覚えています。(おそらく生徒に見られたのかもしれませんが笑)

 

☆どのくらいの頻度でレベルアップのチャンスがありますか☆

毎週レベルの見直しをしています。

 

★AICスタッフのコメント

毎週レベルの見直しをしているのですね。そうなるとやる気さえあれば比較的早いペースでレベルアップもできそうですね。

 

☆何かのテストセンターでしょうか☆

3キャンパス共、TOEICとCambridgeのテストセンターです。

 

★AICスタッフのコメント

TOEICのテストセンターでもあるのですね。日本の生徒さんはまだまだTOEICの需要がありますので、良いかもしれません。

 

☆母国語禁止のルールはどうでしょう(ペナルティなど)☆

  • ブリスベン、シドニー:1回目は警告、2回目は顔写真の貼り出し、3回目は休み時間学校内滞在不可
  • ゴールドコースト:1回目は警告、2回目は校長との面談、3回目は、午後または午前(注意された後)のクラスは出席不可

★AICスタッフのコメント

キャンパスによって対応が少し異なるようですね。

今回私もブリスベンキャンパス見学の際に顔写真の貼り出しを見ましたが、あれは避けたいですね笑

せっかく英語を学びに来ているので皆さん頑張って英語を話す練習をしましょう◎

 

***********************************************************************************

今回インタビューに答えてくれたのはこの方。

SatomiさんとAnnaです。

ラングポーツスタッフ

 

各キャンパス情報をもう少し見たい!という方は

ブリスベンキャンパス https://www.aicjapan.jp/school/langports-english-language-college-brisbane/

 

ゴールドコーストキャンパス https://www.aicjapan.jp/school/langports-english-language-college-goldcoast/

 

シドニーキャンパス https://www.aicjapan.jp/school/langports-english-language-college-sydney/

 

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【4月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
3
4月の残り席
47


2020年4月8日現在