Byron Bay English Language School(BBELS)バイロンベイ イングリッシュ ランゲージ スクール BBELS

学校について

写真

バイロンベイ英語学校は、恵まれた自然環境の中で高い質の英語教育と、広範囲なアクティビティを体験できる学校として1998年に開校しました。

バイロンベイの町の中心部、海まで徒歩5分という便利なロケーションに位置します。

少人数制をとっているため学生と先生の距離も近く、親しみやすい環境で英語が学べます。

もともとはバックパッカーだった建物を改装した校舎は、独特のアットホーム感とカラフルな外観があり、フレンドリーな空間つくりだしています。校長をはじめ、先生とサポートスタッフ全員が学生の情報を常に共有し、それぞれの立場から相互に学生ケアを徹底しています。

所在地

1 Carlyle Street Byron Bay NSW 2481 , Australia

(地図をみる)

学校の特徴

亜熱帯性気候で、夏は、海風の影響で平均気温28度、冬は平均気温21度と穏やかな気候です。週末には、ローカルマーケットが開かれます。お祭りも楽しめます。毎年イースターホリディに、 The Blues and Roots International Music festival があります。他にも、Buzz Film、Womens Festival があります。バイロンベイ英語学校は、恵まれた自然環境の中で高い質の英語教育と、広範囲なアトラクションを体験できる学校として1998年に開校しました。バイロンベイ英語学校は、NEAS Australia公認の英語学校です。 NEAS Australiaは、留学生を受け入れる英語学校の質を保つよう保護するオーストラリア政府機関です。バイロンベイ英語学校は、ACPET(Australian Council For Private Education and Training)のメンバーでもあります。バイロンベイ英語学校は、バイロンベイの町の中心にあり、バス停から徒歩2分の所にあります。学校は、Jonson Laneにある2階建ての建物にあり、(Carlye Streetからもアクセス可能。)学校の2階には、学生ホステルがあります。教室の外には、学生が他の学生とランチを食べたり、リラックスして交流できるよう整備されたバルコニーが完備されています。

★BBELSのお勧めポイント!!
○ヨーロッパのお友達ができる環境です!!
ヨーロッパ、南米の生徒さんが勉強しており、(特にヨーロッパの生徒さんが多いです。) 国際色は豊富です。日本人の割合も少なく、日本人環境を避け、勉強されたい方にはお勧めの学校です。学校の雰囲気がそうさせるのかもしれませんがこの学校の生徒さんは皆、積極的に英語を話していました。(特に恥ずかしいとかはないようです。)

○サポートも充実しています!!
レセプションには殆どの時間帯、日本人のスタッフがおりますので困ったことがあれば気軽に相談できます。オーナーのマイケルもとても優しく、親切に対応してくれます。
○田舎町ならではの光景!!
1階にはカフェがあります。朝、早く学校に来て、朝食をする方、休み時間にお茶をする方、ランチを食べる方、オーストラリアの雰囲気満点です。

○アコモデーション豊富!!
ホームステイ以外に学生寮、シエアハウスを用意していますので滞在方法も選択できます。ホームステイにおいては殆どの家族はサーフィンをしている為、海沿いのホームステイが多いようです。

○通学は自転車か徒歩圏内!!
滞在先の殆どが自転車で行ける範囲にありますので交通費がかからずにすみます。自転車を卒業生から安く買ったり、レンタルすることもできます。

○仕事探しのサポート、インターンの手配もしております!!
費用と英語力は必要になりますが田舎町でサポートが必要なことに対しては出来る限り生徒さんのサポートをしております。

(補足)学校の情報に関しましては状況により変わることもありますので予めご了承くださいませ。

English Only Policy

○English Only Policy!!
極端に厳しくはしておりませんが(ペナルティなど)生徒さんが母国語を話していれば注意をして英語を使うように指導しています。

レベル数

5段階 - two Elementary, two Pre-Intermediate and two Intermediate Classes and a combined Upper Intermediate/Advanced Class

1クラスの人数

最大15名(平均12名)

コース開始日

コース開始日2017年

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
3日、30日 27日 27日 24日 22日 19日 17日 14日 11日 9日 6日 4日(3週間)
毎週月曜日入学可能

 

日本人スタッフ

1名 フルタイム

時間割

9:30am-10:30am 会話
-ペアーワーク
-グループワーク
文法
-質問形
-付加疑問
コミュニケーション
-情報交換
-質問形練習
文法
-動詞活用
-過去形
コミュニケーション
-ロールプレー・ショッピング
11:00am-12:30pm 言語テーマ
-好き嫌いについて
-調査
-質問・グループディスカッション
リスニング
-テープ・ビデオ
-書き取り-ディスカッション
リーディング
-世界の都市について
-語彙学習
ライティング
-形容詞
-関係代名詞
 1週間の復習
1:30pm-3:00pm オーストラリア学習
-オーストラリアの文化について
ビジネス英語
-レジメ
-就職申込み
課外学習
-地域・環境学習
ネット英語
-チャットルー
-リサーチ
ゲーム学習
-単語連想ゲーム
3:00om-4:30pm ホームワーク・自習

一般英語選択科目 文法、発音、オーストラリア学習、シネマ研究、サービス業英語、観光&ビジネス英語、ボキャブラリー&スピーキング

アクティビティ

サーフィン

午前中は英語の授業、そして午後は有資格インストラクターによるサーフィン・ボディーボードクラス。オーストラリアの東海岸が生み出す最高の波で、サーフィン・ボディーボードを習うことができます。
サーフボード・ボディーボード、ウエットスーツ、ラッシュベストそしてビーチへの移動など全て含まれます。笑顔だけをお持ち下さい!
これはバイロンベイで最も人気のあるアクティビティーの一つです。
Learn to surf courses は、経験豊富で無事故の実績を持つ、地元公認のオペレーターにより行われます。全インストラクターがオーストラリアサーフィン
協会に認可されています。

ダイビング

オーストラリアで10本の指に入るダイビングスポット、ジュリアンロック海洋保護区。バイロンベイのビーチより2.5kmの沖合に位置します。亀、マンタ、イルカ、その他400種類以上もの海の生き物達とダイビングをすることができます。このコースは国際的に認められているSSI、PADI取得のコースとなります。まさに5つ星のダイビングコースです。

コースの種類:

•オープンウォーターダイビング資格
•ダイブマスター
•インストラクターコース
ダイビングコースは、経験豊富で認可を受けた、無事故の実績を持つオペレーターにより行われます。

 

外での楽しみ

トランプゲームナイト
バーベキューパーティー
サッカー
バレーボール
その他盛り沢山

その他のアクティビティー

•シュノーケリング
•スカイダイビング
•ブッシュウォーキング
•ホエールウォッチング
•マーケット
•ドルフィンカヤック
•カイトサーフィン
•キャンプ
•ヨガ
•乗馬
•ディジュリドゥーレッスン
•内陸地散策(熱帯雨林、滝)
•ナチュラルセラピー美容とマッサージ

•ゴルフ
•テニス
•Warning山への登山
•釣り
•マウンテンバイキング
•ハングライディング
•料理
•お祭り

現国籍比率(%)

2017年10月 一般英語コース 生徒数 104名

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日本  16  17  20  24  26  –  26 20
韓国  4  3  4  11  14  –  –  –  5  7
その他アジア  2  2 2  1  3  –  –  –  3 5
ヨーロッパ  64  68 64  54  31  –  –  –  60  62
南米  12  9 9  8  20  –  –  –  3  4
その他  2  1 1  1  6  –  –  –  4  2

【-】:学校からの回答なし

昨年国籍比率(%)

2016年12月 一般英語コース 生徒数 148名

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日本  18  19  19  24  27  35  35  35  21  20  20  25
韓国  7  8  12  18  13  19  23  9  6  4  3  4
その他アジア  1  1  1  2  3  7  7  4  3  2  3  3
ヨーロッパ  56  53  55  60  39  27  24  46  57  63  63  55
南米  16  19  13  16  17  12  11  6  11  8  9  13
その他  0  0  0  0  1 0  0  0  2  3  2  0

 

【-】:学校からの回答なし

 

設備

クラスルーム(14室)/コンピューター(22台)日本語コンピューター(22台)/ラウンジ/カフェ/ワイヤレスインターネット

その他

その他のコース

●一般英語コース・パートタイム
●ケンブリッジコース
●IELTSコース
●英語+サーフィンコース
●英語+ダイビングコース
●英語+アクティビティーコース
●英語+ヨガコース
●英語+ミュージックコース
●ファームステイ
●個人レッスン

注意点・備考

費用について

正規料金2018年 21時間対面 1.5時間自習(先生付き)

入学金 A$240
一般英語コースフルタイム  1-4週間 A$430/週
5-12週間 A$420/週
 13-24週間 A$400/週
 25-36週間 A$390/週
 37-48週間 A$375/週
教材費 1-4週間 A$70
 5-12週間  A$140
13-24週間 A$200
25週間以上 A$240
海外留学生保険(OSHC) 1ヶ月A$50.00~ (学生ビザの方のみ必要)
備考

 

正規料金2017年 21時間対面 1.5時間自習(先生付き)

入学金 A$230
一般英語コースフルタイム  1-4週間 A$410/週
5-12週間 A$400/週
13-24週間 A$390/週
15-36週間 A$380/週
37-48週以上 A$365/週
教材費 1-4週間 A$70
5-12週間 A$140
13-24週間 A$200
25週間以上 A$240
海外留学生保険(OSHC) 1ヶ月A$45.00~ (学生ビザの方のみ必要)
備考


 

 

AICならではのキャンペーン料金(2018年通年キャンペーン)

 入学金 正規料金
一般英語コースフルタイム 1-4週間 A$400/週
5-12週間 A$390/週
13-24週間 A$380/週
25-36週間 A$370/週
37-48週間以上 A$355/週
教材費 正規料金
備考 空港送迎 無料 (4週間以上のお申込み・ゴールドコースト到着に限ります)

 


上記料金は今現在当社が把握している料金です。学校の料金改正により変更する場合があります。

その他費用

正規料金2018年

ホームスティ・滞在費手配費用 A$240
ホームステイ+寮 A$295
ホームスティ滞在費 個室・平日2食週末3食 A$285/週
1泊追加A$41/日
(プレミアム<専用バスルーム付>)
・平日2食週末3食 A$315/週
1泊追加A$45/日
個室・朝食のみ付 A$230/週
1泊追加A$34/日
相部屋・平日2食週末3食 A$235/週
1泊追加A$34
クリスマス期間特別追加料金
(2016年12月22日~12月29日) A$60/週
その他の宿泊施設 ホステル・相部屋 食事なし A$250/週 A$35/日
スチューデントハウス 個室(シングル)
食事なしA$245/週(A$285/週ハイシーズン)
相部屋 食事なし A$190/週
個室(ダブル) 食事なし A$380/週(部屋)
個室(ダブル・部屋にシャワートイレ付)
A$300/週(A$330/週ハイシーズン)
アパート・個室 食事なし A$190~A$400/週
相部屋 食事なし A$170~/週
ホステル・相部屋 食事なし A$250/週 A$35/日
空港送迎 片道A$260(ブリスベン空港)
片道A$100 (バリナ空港)
片道A$140 (ゴールドコースト空港)
*22時~早朝6時の到着の場合はA$30の追加料金

 

正規料金2017年

ホームスティ・滞在費手配費用 ホームステイ A$230
スチューデントハウス A$230
アパート A$230
ホームスティ滞在費 個室・平日2食週末3食 A$270/週
1泊追加A$39/日
(プレミアム<専用バスルーム付>)・平日2食週末3食 A$300/週
個室・朝食のみ付 A$220/週
1泊追加A$32/日
相部屋・平日2食週末3食 A$210/週
1泊追加A$30
クリスマス期間特別追加料金
(2016年12月24日~12月31日) A$60/週
その他の宿泊施設 スチューデントハウス 個室(シングル) 食事なし A$235/週
相部屋 食事なし A$180/週
個室(ダブル) 食事なし A$360/週
個室(ダブル・部屋にシャワートイレ付)A$380/週
アパート・個室 食事なし A$190~A$400/週
相部屋 食事なし A$170~/週
ホステル・相部屋 食事なし A$225/週 A$32/日
空港送迎 片道A$250(ブリスベン空港)
片道A$90 (バリナ空港)
片道A$130 (ゴールドコースト空港)
*午後10時以降の到着の場合はA$50の追加料金



上記料金は今現在当社が把握している料金です。学校の料金改正により変更する場合があります。

 

 

利用者アンケート・評判・クチコミ

A.K.(女性・24)さん
ビザの種類 観光ビザ
専攻コース general English
現在のレベル Intermediate

交通手段
通学手段(徒歩・自転車)
通学時間(5分)
どうしてこの学校を選びましたか?

豊富なアクティビティと立地

学校の良いところ

毎週放課後にあるアクティビティ

学校の悪いところ

冬時期はほぼアジア人

クラスの学生の国籍と人数

季節によって大幅に変動

1日の授業内容

授業時間1時間目(9:00~10:30)
授業内容(日々異なる)
授業時間2時間目(11:00~12:30)
授業内容(日々異なる)
授業時間3時間目(13:30~15:00)
授業内容(日々異なる)

ランチは何を食べていますか?

サラダ

放課後の過ごし方

ビーチでのんびり・サーフィン

アクティビティーはどこに行きましたか?

フレイザー島・とても良かった

AICに申し込んで良かったこと

不安がひとつも無かった。

AICの不便なところ、改善点

なし。

最初に滞在した都市の感想

最高です。

10.今後の予定・目標
(他ビザで戻る)

 

スタッフの声

A.Kさんは、学校とアクティビティともにとても楽しまれたようですね。
AICに頼んで、不安が一つもなかったとのお言葉、大変嬉しいお言葉です!

ゴールドコーストより

男(男性・27)さん
ビザの種類 ワーキングホリデービザ
専攻コース 一般英語コース
現在のレベル -

交通手段

通学手段(徒歩)
通学時間(10分)
滞在スタイル(student house)

どうしてこの学校を選びましたか?

バイロンに行ってみたかったから

学校の良いところ

Friendly、activityが盛ん、先生も個性豊か

学校の悪いところ

学校のインターネットが遅い

クラスの学生の国籍と人数

1クラス10~12人 日本7~8割 南米1割 他アジア1割

1日の授業内容

授業時間1時間目(9:00~:10:30)
授業時間2時間目(11:00~12:30)
授業時間3時間目(13:30~15:00)

ランチは何を食べていますか?

サンドウィッチ

放課後の過ごし方

ビーチ、スポーツ、ランニング、サーフィン

アクティビティーはどこに行きましたか?

滝、動物園、バーベキュー

AICに申し込んで良かったこと

ネットで見て無料で信用できるところだったから

困った事があったら、電話したり来店したりして、
すぐに対応してもらえたり、
ワーキングホリデーでオーストラリアに来てやらなければいけないこと
(銀行口座、TFN etc…)親切に手助けしてもらえました。

AICの不便なところ、改善点

なし

最初に滞在した都市の感想

バイロンは最高です

スタッフの声

卒業後、お寿司屋さんでお仕事をされて頑張っておられました。
ゴールドコーストでオリエンにご参加された後、バイロンベイに移られました。
バイロンに住まわれる方はお顔を拝見する機会が少ないのですが、
やはり、一度お会いできますと嬉しく思いますね。

ゴールドコーストより

S.H(男性・27)さん
ビザの種類 ワーホリ
専攻コース ジェネラルイングリッシュコース
現在のレベル Upper Intermediate(入学当時はIntermediate)

交通手段

自転車:通学時間(15~20分)

どうしてこの学校を選びましたか?

バイロンベイという街に興味があったことと、静かなビーチが近くにあること

学校の良いところ

頻繁にパーティを開いて、友達を作りやすいような環境を作ってくれるところ。
アクテビティが盛んなところ。
もちろん本格的に試験の勉強をしたい人にもIELTSやケンブリッジのコースがあるので良いと思います

学校の悪いところ

もう少し放課後などに勉強できる空間があっても良いと思います。
たとえば学校内に図書室があったりとか。

クラスの学生の国籍と人数

日本:10%、スイス:40%、韓国:10%、スペイン:10%、
ブラジル:10%、ドイツ10%、その他10%

1日の授業内容

授業時間1時間目( 9:00~10:30 )
授業内容(主にテキストを使ってグラマー・スピーキング・リスニングなど)
授業時間2時間目( 11:00~12:30 )
授業内容(主にテキストを使ってグラマー・スピーキング・リスニングなど)
授業時間3時間目(13 :30~15:00 )
授業内容(①ボキャブラリー&スピーキング ②グラマー ③オーストラリアに関する内容 ④シネマ の中から選択 )

ランチは何を食べていますか?

主に自炊

放課後の過ごし方

ビーチでリラックス、サーフィン

アクティビティーはどこに行きましたか?

ゴールドコーストの動物園、BBQ、パーティなど。
感想としてはアクティビティを通して友達ができるので非常に良いと思います。

AICに申し込んで良かったこと

学校の手配などがスムースにいったこと。
最適な学校を見つけられたこと。
現地でもコンタクトがとれてメールの返信などの対応が非常に早いところ。

AICの不便なところ、改善点

今のところ特にないです

最初に滞在した都市の感想

非常にのんびりしていていいところです。
田舎でありながら退屈することなく過ごせます。
ワーホリ期間の中でもう一度帰ってくると思います。

スタッフの声

英語の勉強とサーフィンをとても楽しみながら、生活されていらっしゃっいましたね。
勉強とは少し遠いイメージがある街バイロンベイですが、
スローライフを楽しみながら、きちんと勉強も出来るという学校のご意見
ありがとうございます。

ゴールドコーストより

xxxさん(女性・33)さん
ビザの種類 観光
専攻コース ジェネラルイングリッシュ
現在のレベル 

交通手段

通学手段( 自転車  )
通学時間( 25 分)
滞在スタイル(ホームステイ&スチューデントハウス)

どうしてこの学校を選びましたか?

サーフィンが有名だから

学校の良いところ

小さい学校だから、他クラスの生徒と交流が生まれる。

学校の悪いところ

生徒の人数に対して宿泊施設が少ない。

クラスの学生の国籍と人数

15人前後  韓国・台湾・日本

1日の授業内容
ランチは何を食べていますか?

持参するか近くのスーパーで

放課後の過ごし方

サーフィン ビーチでまったり

アクティビティーはどこに行きましたか?

MINNBIN バスで迎えに来てくれたので楽だし、みんなで騒いで修学旅行みたいで楽しかった。

AICに申し込んで良かったこと

オーストラリアに支店があるのと、説明会で丁寧に教えてくれたから。
行く前のメール等の対応も迅速だし、丁寧。現地支店でも色々教えてくれた。

AICの不便なところ、改善点

ニッテル携帯をレンタルで利用したが、現地で返却する際に場所がすごくわかりにくい。
またニッテルへ直接電話連絡をして場所を確認したが、すごく感じが悪かった。
看板も出していないし、わかる訳がない!と思った。

最初に滞在した都市の感想

バイロンベイ :色々旅行したが、やはり一番好き!
田舎が好きな人は気に入ると思う。町も独特の雰囲気で個性的。

スタッフの声

サーフィンと学校生活を満悦されたようで、とても素敵な短期留学だったと思います。
日本へ戻られても、頑張って頂きたいです。
もちろん、オーストラリアに戻って来られる時はご連絡頂きたいです。

ゴールドコーストより

ccc(女性・25)さん
ビザの種類 ワーキングホリデービザ
専攻コース General English 8週間
現在のレベル Upper-intermediate

交通手段

通学手段(自転車・徒歩)
通学時間(5~10分)
滞在スタイル(シェアハウス)

どうしてこの学校を選びましたか?

多国籍な印象を受けたことと、壁の色が気に入ったので

学校の良いところ

授業がわかりやすかった

学校の悪いところ

フルタイムとパートタイムの料金の差があまりないのでフルタイムにしたけど、
パートタイムでも良かったかもしれないと思いました。

クラスの学生の国籍と人数

スペイン40%、スイス・フランス・イタリア・韓国・日本・コロンビア各10%
人数:10人

1日の授業内容
ランチは何を食べていますか?

お弁当、バイトの賄い、カフェ、SUBWAYなど

放課後の過ごし方

友達と遊ぶ、バイト、ヨガなど

アクティビティーはどこに行きましたか?

滝を見に行きました。雨が降っていて、ヒルが沢山いたけど良い思い出です

AICに申し込んで良かったこと

無料で、とても親切・丁寧にサポートしていただきました。ありがとうございました

AICの不便なところ、改善点
最初に滞在した都市の感想

どちらかというと若者が多い、リゾート地の印象を受けました。
自然がとても豊かです

スタッフの声

サーフィンに興味がある方にはバイロンベイはとてもいい場所ですね。地位様街ですがとても人気がある地域で、短期留学でも満足できると思います。ヨガなどをする方も多い地域ですよ。

ゴールドコースト支店より

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
36
今月の残り席
14


2017年11月18日現在