オーストラリア・インフォメーションセンターからのお知らせ

ワーホリビザ申請代返金手続き(参考例)

●ワーホリビザ申請代返金手続き(参考例)●

 

 

 

対象:コロナによる国境閉鎖で渡航ができず、ビザ有効期限が切れてしまい、31歳以上になり再申請ができない方。
(その他の方は、再申請費用が無料という対応になります)

 

下記は、弊社のお客様でスタッフと一緒にアドバイスしながら申請した内容になります。
オーストラリア移民局が全てのお客様同様の対応になるかはわかりませんので、
あくまでも手続きの流れの参考として下さい。

 

移民局の返金申請のページから手続きします。
https://covid19.homeaffairs.gov.au/refunds-and-waivers-visa-application-charges#toc-7
「フォーム1424」という書類に必要事項を記入して申請します(このフォームは移民局ページで取得可能)。
記載事項は名前や住所のほか、取得ビザの情報(照会番号、レシート番号等)、返金口座の記入が必要です。

資料としてビザ取得時のレシートを添付しました。
(コロナの関係でフライトキャンセルになったとフライト情報を添付するのも良いようですが、
今回は返金申請の理由がコロナの影響、年齢上再申請不可だと明らかだったためレシートのみ添付で問題ありませんでした。)

 

4月10日に申請をし、5月17日、移民局より返金承認通知が届きました。
通知には返金先にオーストラリアの銀行口座を指定した方は2週間以内に返金、
他国の銀行の場合はもう少しかかる可能性があると記載されています。
1か月以上経っても返金がなければ移民局へ連絡を、とも書かれているので遅くとも
1か月以内で返金されると予想されます。

【6月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
0
今月の残り席
10


2021年6月18日現在