オーストラリア留学のご案内STUDYING ABROAD

AICなら、渡航前の準備から契約、帰国まで、あなただけの短期留学プランを無料でサポート!

AICが選ばれる理由
  • 学校・ボランティア手配無料!
  • 現地6ヶ所のサポートオフィス
  • 無料説明会・カウンセリング実施!
  • 10年以上の経験を活かした信頼のサポート!
  • AICのサポートが無料なワケ
  • AICのサポート内容を見る

オーストラリアでの短期留学のメリット!

  1. case01

    観光ビザ取得が即日で可能!、ビザ申請費用A$20(約\1.900)。1週間から12週間まで観光ビザで学校に通えます。
  2. case02

    海もきれい!自然いっぱい!世界遺産として17箇所もの登録。
  3. case03

    教育水準が高い!
  4. case04

    時差が少ないため、短期間でも行きやすい。
  5. case05

    先進国で日本と同レベルの生活が出来る。治安も安定している(自分から危険な場所へ行かなければ)何より人がフレンドリーで朝起きた瞬間からうきうきわくわくしてしまいます。
  6. case06

    気候が穏やか(実は気候はとっても気分・モチベーションに左右されます)
  7. case07

    さまざまな学校(真剣な学校・アクティビティーが多い学校)、コース(J-Shine・TOEIC・バリスタ・ビジネス英語・ケンブリッジ)、プログラム(ヨガ・サーフィン・ダイビング・ボランティア・ファーム)
  8. case08

    英語にちょっと触れて異文化(160カ国の人が移民で滞在しています)を体験できる。
  9. case09

    長期留学の前に、まずは下見がしたい・ホームステイで現地生活を体感したい。
  10. case10

    小学校の第二外国語で日本語を選択できるほど親日家が多い。
  11. case11

    世界中でもオーストラリアでしか出会えない動植物(カンガルー・コアラ・ウオンバット・カモノハシ等)
  12. 数週間の短期では英語の上達はそれほどありませんがm観光旅行とは違ったおもしろさがあります。クラスメイトとのみに行ったり週末に遊びに行ったり。授業だけじゃなくそういうコミュニケーションが大事です!日本とは違いますから安全第一で、いろいろな人との出会いを楽しんで来てください。
資料請求はこちら

短期留学でできること!

  • 英会話中心語学留学
  • TOEICスコアアップ
  • 短期ビジネス英語
  • ネイルレッスン
  • アロマテラピー
  • ヨガ
  • サーフィン
  • ダイビング(ライセンス取得)
  • バリスタ
  • ゴルフ
  • テニス
  • 音楽レッスン
  • フラワーアレンジメント
  • ウェディングプランナー
  • 児童英語教師
  • 小学校英語教師養成講座(J-Shine)
  • 日本語教師アシスタント
  • 日本語教師資格取得
  • 保育園ボランティア
  • 動物系ボランティア
  • 福祉施設ボランティア

など、短期でもできることはたくさんあります!

資料請求はこちら

短期留学の見積もり例

学校が全て手配する場合(語学学校1週間+ホームステイ1週間

明細 支払い場所 料金
見積もり代金 AICに対しての支払い 無料
語学学校手配料 AICに対しての支払い 無料
無料日本出発サポート AICに対しての支払い 無料
無料現地到着後サポート AICに対しての支払い 無料
1週間料金A$375x1週間=A$375 学校に対しての支払い A$375
入学金 学校に対しての支払い A$230
教材費 A$15×1週間=A$15 学校に対しての支払い A$15
送迎代(ブリスベン空港からホームステイ)片道 AICに対しての支払い A$115
ホームステイ手配料 AICに対しての支払い A$240
ホームステイ1週間・個室・平日2食・週末3食 1週間A$265×1週間=A$265 AICに対しての支払い A$265
合計 学校に対しての支払い A$1240
上記が語学学校1週間に掛かる料金です。当社にお支払いいただく際にはお支払日のレート(小数点以下切り上げ)でお支払いいただく事になります。例えば A$1=85.60円であればA$1=86円になり、A$1240×86円=106,640円 になります。 106,640円
海外送金手数料 銀行に対しての支払い 7,560円
合計 AICに対しての支払い 114,200円
上記料金は現在当社が把握している料金です。学校の料金改正により変更する場合があります。 出発日から30日前を切った場合、緊急手配費用として10,800円をご請求させて頂きます。  
資料請求はこちら



<留学先にオーストラリアが選ばれる理由>

留学先にオーストラリアを選ばれる方はたくさんいらっしゃいます。その理由の一つに治安の良さがあげられるでしょう。アメリカと違い銃の規制もとても厳しいので、銃による事件もほとんどありません。危険な場所に行かない、夜道暗い場所を一人で歩かない等、日頃から気を付けて行動していれば犯罪身巻き込まれることはほぼないでしょう。 また、オーストラリアは移民が多く多国籍ですので、人種差別もあまりありません。フレンドリーな気質でバス停などで気軽に声をかけられることもあります。
時差も日本とあまり変わらないので、日本のご家族やお友達と電話など時間をあまり気にせず連絡が取りやすいですね。日本から直行便が出ている都市もたくさんありますので、飛行機の乗り継ぎの心配も減りますね。車も右ハンドル、左側通行で「メートル法」が採用されており、日本と同じですので単位の換算等も必要ないので生活にも慣れやすいですね。
気候も良く、ブリスベンやゴールドコーストは晴れの日が多く、冬でもそれほど寒くならないので荷物も減ります。都市で勉強する、海の近くで勉強するなど学校の選択肢もたくさんあります。湿度も日本と比べて低いので過ごしやすいと思います。南半球に位置しており、季節は日本と真逆になるのでご注意下さい。紫外線が強いので日焼け止め、サングラスは必須です。真夏のクリスマスという経験もオーストラリアならではですね。
公園も多く自然がたくさんあり、アクテイビティも充実していることも人気の理由といえるでしょう。

学生ビザ・ワーキングホリデービザの場合は働く事も可能です。慣れてくると学校が終わってから放課後に働く方もたくさんいらっしゃいます。現地での経験等いろいろな事にチャレンジして頂ければと思います。観光ビザ(ETAS)でも短期就学は可能ですが、働く事は出来ません。ワーキングホリデービザの場合、2年目も滞在できるセカンドワーキングワーキングホリデーという制度もあります。セカンドワーキングホリデーの申請には指定地域で88日間のファームでの労働をするなど条件を満たす必要があります。
オーストラリアの大学は世界大学ランキングの上位に入っている学校もたくさんあり、教育水準の高さも証明されています。大学や専門学校へ通われる場合は英語力や日本の高校の成績表が求められる事がありますが、入試という制度はありません。まずは語学学校で英語力を伸ばし、IELTSテスト対策コースや進学準備コースへ進むとよいでしょう。

親日家も多く、日本のテレビ番組もテレビで放送されていたりします。主要都市には日本食レストランもあり、100円ショップのDAISOやユニクロもある都市もあります。日本が恋しくなった時や日本の物を手に入れたいときにも便利ですね。醤油や味噌など基本的なものは手に入りますので、自炊で日本食を作ったり、パーティで日本食を披露するという機会もたくさんあると思います。

日本とは文化・風習は大きく異なり、いろんな国籍の方と出会いがありますので、日本では経験できない事がたくさんあります。  

留学から帰国されたお客さまの体験談・レビュー

  • すべてが良かった。 タイ人の友達ができてショッピングなど一緒に出来た

    Y.Fさん(15歳:男性)

  • 私は始めての海外でまたホームステイで不安だらけでしたが、出発前までAICの方にいろいろとサポートしてもらいました、またオーストラリアについてからも現地のAICの方がいるので不安が消えました。 ホームステイ先もすごくいい家で、毎週日曜はビーチの近くで朝ごはん食べに連れて行ってくれました。

    K.M(19歳:女性)

  • 本当にオーストラリアは過ごしやすいところなんだと感じた。ブリスベンは長く滞在するにはいいところだと思う。

    匿名希望(22歳:女性)

オーストラリア留学の第一歩は資料請求から。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
50
今月の残り席
0


2017年3月28日現在