海外旅行保険の手配

海外旅行保険プラン紹介

プランは多数あり、全て掲載できません。詳細なプラン内容と料金については資料請求にてパンフレットをお取り寄せ下さい。また、電話やEメールでもお気軽にお問合せ下さい。

 

保険は安心と信頼のAICにお任せください

AICは【東京海上日動火災保険】を扱う保険代理店です。AICは保険資格を持ったカウンセラーが的確なアドバイスの中、 商品のご紹介をいたします。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

資料請求

海外旅行保険のお申し込み方法

AICサポート(学校・ホームステイ手配等)と合わせて申し込む

ワーキングホリデー・留学をトータルにサポートするAICサポートと合わせてお申し込みいただけます。 お申し込み前にAICサポートについてしっかりとご確認ください。また、必ず契約書を確認し、ご納得のうえお申し込みください。

  AICへのお申し込みはこちら  

海外旅行保険のみ申し込む

AICに学校やホームステイ等の手配を依頼せず、海外旅行保険のみでお申し込むことが出来ます。この場合でも、AICの出発前・現地サポート(無料)を受けることができます(一部対象外のサポートあり/オーストラリアのみ)。弊社の無料サポート内容は変わりません。ただし、学校やホームステイをご希望の場合は、AICへのお手配依頼をお約束いただいております。まずは海外旅行保険の資料請求を行ってください。各種資料とお申し込み用紙を郵送させていただきます。お急ぎの場合は電話にてご連絡ください。

 

『このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け、当該商品のパンフレットをあわせてご覧ください。』

 

ご契約にあたっては、必ず『重要事項説明書』をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問合せください。

  海外旅行傷害保険のみ資料請求

オーストラリアの医療制度について

オーストラリアの病院は総合診療医(GP)、専門医(Specialist)、病院(Hospital)に分かれています。日本では、症状に合わせて病院を選び初めから専門医の診察を受ける事ができるのですが、オーストラリアではまずは総合診療医(GP)へ診察を受けに行きます。GPで診療を受け、専門医が必要と判断された場合は、紹介状をいただけるので、そこで初めて、専門医や大きな病院を受診することが出来るようになります。また緊急を要さない場合は、紹介状があっても、専門医の予約が数ヶ月先まで埋まっていて、すぐ予約できない事も少なくありません。

ワーホリ、留学生として滞在する場合の医療について

通常の専門医(GP)は英語でしか受診ができないのですが、日本人滞在者向けの日本語医療センターが各都市に数件づつございます。

 
シドニー 4件
メルボルン 3件
パース 1件
ケアンズ 2件
ゴールドコースト 3件
ブリスベン 2件

医療費補償については、オーストラリアにも、日本の国民健康保険のように何割かのの医療費を負担してくれる制度はあるのですが、オーストラリアの永住者ではない限り、その保険に加入することはできません。ご自身で、海外でも補償が受けられる保険への加入しない限り、医療費は100%のお支払いが必要になります。参考までに以下が、オーストラリアでの実際にかかる医療費の一例です。

外来初診料
初診料:約2万3千円 ※上記にはお薬代は含まれませんので、別途お支払いが必要になります。
病院に入院する場合のお部屋代/1日
個室:約10万円 一般病棟:約6万5千円
手術費用
虫垂炎:約9万円 アキレス腱断裂:約8万5千円

AICスタッフの体験談

今回、私が手術に関してかかった金額も$5000(約50万円)程でした。一回のカウンセリング(診察)が$90(約9000円)、検査費用がそれぞれ$200〜$300(約2〜3万円)、その検査を3回、手術費用が$3000(約30万円)程です。その後も診察に行ってますが、これは保険がなかったら大変な費用でした。環境の変化で体調が変わるのか、お客様からの女性特有の体調に関する相談も少なくないです。その為、特に女性の方は保険を継続された方がよいのかもしれません。

夢や希望をもってオーストラリアに出発したのに、なにかのトラブルに遭われ保険に入っていなかったら・・・・オーストラリアに渡航したことを後悔してしまうかもしれません。そうならない為に、そしてオーストラリアでの生活が充実したものになるよう保険のご加入をして頂いております。

 

私が初めてオーストラリアに渡航した時は、保険の必要性が全く理解できませんでした。健康には自信があり、費用も高額に感じたことから、保険加入をせずにオーストラリアへ出発しようと思っていたのですが、家族から反対をされ、しぶしぶ加入をしました。

 

初めの数ヶ月間は元気に過ごし、病院に行くことがなかったので、やっぱり保険は必要なかったなと思っていたのですが、オーストラリアの乾燥した気候のせいか、普段はでない皮膚がただれ自分ではどうしようもない状態になり、初めて病院に通院しました。

 

もちろん、自分の症状を英語で伝えるだけの英語力もなく不安な中、病院のお医者さんは英語しかお話できないオーストラリア人の方でした。どのように症状を説明すればよいかと思っていると、日本にて保険に加入しているという理由で、日本人のナースが通訳に入ってくれました。とても安心しました。なれない土地での病気は必要以上に不安になります。現地で保険に加入したお友達は、日本語での診療を受けるための通訳代金に何万円も支払っていました。保険料は決して安くありませんが、何かあった時には必ず役に立つものです。健康な状態ではなかなかありがたみを感じることはできないのですが、万が一のため備えて、日本の保険に加入することをお勧め致します。

   

実際に帰国されたお客様からのアンケート

お名前( 匿名希望 ) 性別( 女 )年齢(  28  )

ビザの種類( ワーホリ ) オーストラリア滞在期間 (約 2 年)

 
 

オーストラリアへ渡航をされる方へのアドバイス

 

保険には入って行ったほうがいいと思います。わたしは2年目入らずに行ったら、 空き巣に入られ、パソコンをはじめ、いろんな物持っていかれました。。。くそぅ。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
44
今月の残り席
6


2017年7月22日現在