AICシドニーオフィスブログ

2018年12月14日

現地ならではの観光スポット

イメージ

こんにちは、シドニー支店です。

よく生徒様から、

お友達がシドニーに遊びにくるのですが、どこに行ったらいいですか?

両親が来るのですが、どこに観光行ったらいいですか?

という質問を受けます。そうなのです!以外と困るんですよね!!

ワーキングホリデーや学生で来豪はしていても、色々な観光スポットに行っている、有名レストランで食事したことがある!と言う方は少ないかと思います。私もシドニーをワーキングホリデーで来て滞在2ヶ月で友達が来る!となり、大変慌てたのを覚えています。

今はガイドブックを見てネットで調べる方が多いですが、それでも現地にいればこそ!のお勧めを是非紹介したいと思います。

 

もちろん、シドニーと言えばの観光ポイントは、オペラハウスとハーバーブリッジ、フィッシュマーケットなど主に市内の観光です。その次に、西へ100kmに位置するブルーマウンテンズ国立公園。こちらは世界遺産なのでとても有名です。一般的にはツアーの方が良いかと思いますが、自力で行く!という方は、市内から電車で2時間半くらいで到着します。ユーカリから出るガスの効果で見える青霞現象がブルーマウンテンズの名の由来です。

後はポートスティーブンスへ行くのもいいですね。サンドボードで遊び、いるかやくじらを見たりすることも出来ます。野生のカンガルーなどに出会うこともしばしば…こちらもツアーがいいですね。

 

上記は一般的な観光コースですが、私個人的にお勧めなのは、市内のバスとフェリーに乗ってビーチを周る、のんびり散策です。有名なボンダイビーチから、ワトソンズベイ(サウスヘッド)まで行くルートですが、乗り継ぎはありますが非常に簡単です。

 

まず市内からバス333に乗ります。

ボンダイビーチで下車、海が見えたら降りればいいです。一旦そこでゆっくりとされるのがいいでしょう♪美味しいアイスクリーム店や、世界一美味しい朝食のビルズがありますので、朝食をとってビーチでのんびりもいいですね。

 

イメージ

 

ボンダイはサーファーの聖地、発祥の地です。テレビ番組のBondi rescueのレスキューチームがいます。普通に撮影あなどもしていますので、有名人にあえることも。

 

また下車したバス停から次は389のバスに乗ります。次は終点まで行くだけです。途中、日本のドラマ「アテンションプリーズ」で上戸彩さんがベンチに座ってシドニー市内を眺めるというシーンの「ダドリーペイジ」という場所を通過します。まだベンチはありますので、もし興味があれば一旦降りて座ってみてもいいですね。景色もすごくいいです。年末の花火の時は日中には場所がなくなります。

 

イメージ

 

終点、降りたところがサウスヘッドです。右に行けば絶壁から海が一望です。とても気持ちいいので是非登って見てくださいね。

 

イメージ

 

まっすぐ行けば、あまり知られていないプライベートビーチがあります。綺麗な上、以外と静かです。そしてここはヌーデストビーチなので裸の方もいます!撮影等は気をつけてくださいね。泳ぐには最高です♪

 

イメージ

 

ワトソンズベイまで帰ってきたら、昼食には海辺のシーフードがおすすめです。

 

イメージ

 

芝生もあるのでゴロゴロしながらピクニック気分にもなれます。船着場「Watsons Bay」からフェリーに乗ってシドニー市内、しかもサーキュラーキーに到着します。出来るだけ早めに並んで乗船を早くがポイントです。フェリー2階の外の席を確保しましょう!気分はシドニー湾クルージングです。

 

イメージ

 

30分くらいでシドニー市内が見えてきます。サーキュラーキーの綺麗な港が美しいです。

 

イメージ

 

ゆっくりクルーズを楽しんだ後は、オペラハウス散策。実はオペラハウス周辺も見所満載です。

次回はオペラハウス編です。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【4月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
3
4月の残り席
47


2020年4月8日現在