AIC東京オフィスブログ

2016年09月09日

食べ物や薬は持ち込める?

イメージ

こんにちは、東京支店です。

今回はオーストラリアへ留学やワーキングホリデーで行かれる際の食べ物や薬の持ち込みについて書いていきます。


まずは食べ物の持ち込みについてです。
オーストラリアは持ち込みに関して厳しいというイメージがおそらくあるかと思います。
私も初めてオーストラリアへ行ったときはびくびくして、食べ物に関しては一切持って行かなかったです。

ただ少し注意して頂ければ、持って行くことも可能です!!!

もちろん持ち込みが禁止されているものはだめですよ。

例えば、、、

生もの(果物、野菜、種、ナッツ)、肉や肉製品、乳製品、卵、卵製品

上記のようなものを持っていこうと考えていた人は、持ち込めませんので、持ち物リストを見直してくださいね。

※果物や野菜はドライフルーツなどであれば大丈夫。またナッツもローストされていれば持ち込みできます。

よく「お菓子は持っていけますか?」と質問されます。
お菓子もものによりますが、例えばチョコレートや飴、クッキー、ポテトチップス、お煎餅などは申告して頂ければ問題ないです。
ただ例えば、クッキーの間にクリームが挟まっているものは乳製品を含むものになりますので、持ち込みできません。

日本食や日本のものが恋しくなるかも!とたくさん持っていきたい気持ちにはなるかと思いますが、オーストラリアには各都市アジアンショップがありますので、アジアンショップに行って頂ければ、値段は高いですが基本的には何でもあります。納豆や味噌なども買えます!!!

続いて薬の持って行き方についてです。

薬に関しては、市販のものであれば開封せずに持って行き、申告して頂ければ問題ありません。
しっかりと何の薬かは事前に調べて英語で言えるようにしておいてくださいね。

またお医者様に処方されたお薬に関しては、英語の処方箋を用意してください。
こちらも英語の処方箋をもって、しっかりと申告して頂ければ問題ないです。

持ち込みに厳しいと言われているオーストラリアですが、しっかりと申告し、説明することができれば難なく入国できます。
スムーズに入国できるように、事前にしっかりと準備していきましょう!!入国審査




資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【10月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
45
10月の残り席
5


2019年10月23日現在