AIC最新のレポート

帰国者アンケート詳細

AICをご利用され、日本に帰国されたお客さまのアンケートを掲載しています。

金子晃士さん 男性 23歳 | 帰国者のアンケート

出発時期:2014年04月 / ビザの種類:WH
予算: / 滞在期間:11ヶ月 / 滞在都市:シドニー、メルボルン、タスマニア、アデレード、パース、ゴールドコースト、ケアンズ

一番印象に残った都市とその理由は?

シドニー

滞在期間が一番長かった。4ヶ月間

オーストラリア滞在中、どんな仕事をされていましたか?

①お仕事内容(イタリアンレストラン)都市(シドニー) 時給(13ドル)勤務日数・時間(週2、一日5時間、土日祝日のみ)
②お仕事内容(日本食レストラン)都市(シドニー) 時給(15ドル)勤務日数・時間(週5、一日4~8時間)
③お仕事内容(ベビーシッター・オウペア)都市(シドニー) 時給(プライスレス)勤務日数・時間(平日、3~8時間)
④お仕事内容(ファームでピッキング)都市(ガトン) 時給(0~40ドル)勤務日数・時間(ほぼ毎日)
⑤お仕事内容(ファームでパッキング)都市(カナーボン) 時給(20ドル)勤務日数・時間(ほぼ毎日)

オーストラリア滞在期間中の感想・想い出は?

僕のオーストラリアでの滞在スタイルは1カ月働いて1カ月遊ぶでした。なのでシドニー以外の都市は1カ月単位で移動していました。とくに移動が激しかったのがケアンズからゴールドコースト間。その区間は自転車で一人旅をしていました!笑 なので移動は一日単位で行われていました。
この自転車の旅はかなり波乱万丈な旅となりいい思い出です。あとはファームで過ごしたことも、ケアンズでダイビングのアシスタントをしたこともいい経験になりました。

これから渡航される方へのアドバイスをお願いします。

渡航前にやりたいことリストを作ることをオススメします。ワーキングホリデーの方は特にです。せっかくホリデービザというすばらしい権利をもっているのだから働いてばっかりではもったいないです。オーストラリアでお会いしたワーホリの方の多くが仕事をやめてオーストラリアにきたとおっしゃっていました。せっかく仕事をやめてまで来ているのにオーストラリアで1年間働くのはもったいない気がします。「やりたいことリストが仕事でいっぱいの人」と「出稼ぎに来ている人」は別ですが。しかし仕事ばりばりしたいとか出稼ぎにきたという方はあまりいないと思います。どちらかというと、きれいな海でダイビングしたいとか外国人の友達をいっぱいつくりたいとか日本ではできない経験をしたいという方がほとんどだと思います。なんでこのやりたいことリストを明確にすることをオススメします。明確にしておけばより充実したオーストラリア生活を手にできると思います。リストを作る際は、「いつ」「どこで」「なにを」したいのかを明確にすることがポイントです

持参してよかった物、意外に必要のなかった物は?

日本から持っていかなくてもオーストラリアで買えます。海外だからといって必要以上に持っていく必要はないと思います。スーツケース2個とか持ってる人もいましたが話しを聞くとほとんど使っていないと言っていました。日本製のものにこだわりがある方はそれをもっていくと良いかと思います。

AICを利用した感想は?

とても丁寧な対応でした。オーストラリア渡航を考えられている方すべてにおすすめしたいです。無料とは思えない素晴らしいサポート体制。僕は今回がオーストラリア2回目の渡航でした。前回は有料の留学あっせん会社を利用しましたが、サポート体制はAICのほうが断然良いです。AICはオーストラリアに特化していることもあってオーストラリア国内にもオフィスがありました。相談や困ったことがあれば現地にいる日本人スタッフの方に直接話ができるのでとても助かりました。現地のオフィスには無料で使えるパソコンがあったり、荷物を無料で3ヶ月も預かってもらえたりと通常では有料のサービスも無料で利用できたのでありがたかったです。スタッフさんもとても親しみやすかったです。

スタッフの声

AIC現地オフィスをご活用いただいたようで大変うれしく思います。現地でのサポート料は無料ですが、サポートが薄いというわけではございませんのでご安心くださいませ。ワーホリは他のビザと違い、色々な経験ができる所がいいですね。

AIC日本オフィスより

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
36
今月の残り席
14


2017年11月18日現在