シェアハウスについて

シェアハウスに挑戦する

ホームステイを体験して、ある程度オーストラリアでの生活に慣れてきたら、今度はシェアハウスでオーストラリアに来ている他国の人やオーストラリア人と共同生活を体験するのも良いでしょう。シェアハウスとは一軒家やアパートを共同で借りて数人で住むところを言います。日本では、まだ珍しい住み方ですが、オーストラリアでは一般的です。そして、シェアハウスに住んでいる同居人はシェアーメイトと呼ばれ、自分の部屋以外のリビングやキッチン、トイレ、バスなどを共同で使用します。

また最近では家賃が高騰している現状と、生活費用を抑えたいワーキングホリデーの人達によって一つの部屋を数名で利用するというルームシェアーが多く出現してきています。一般的にホームステイよりも格安だと思われがちなシェアハウスですが、実際は同じ条件であれば週10ドル~20ドルくらいしか差がありません。また、時にはホームステイよりも高くなる場合があります。その理由として、シェアハウスの場合、生活でかかった共同費用(電気代・ガス代・水道代・電話代等)は住んでいる人達で負担する場合があるからです。その辺りを頭に入れながらシェアハウス探しを始めましょう。

シェアハウスの特徴

・マンションタイプもあるが一軒家タイプもあり様々なスタイルから選べる。 ・リビングやバスルーム、キッチンは他のシェアメートと共同です。 ・2ベットルームタイプが多いが、シェアーする人数によって3ベットや4ベットルームなどもある。

シェアハウスの情報を得る

シェアハウスを探す情報は一般的には以下の通りです。これ以外にもホームステイ先からの紹介、友人の紹介、アルバイト先の仕事仲間からの紹介などありますが、最初は色々な情報を見て家賃の相場などを頭に入れましょう。

情報源 対象物件
日本語情報サイト  日本人のシェアーハウスか日本に興味があるオーストラリア人のシェアーハウスの情報が多い
英語地元情報サイト オーストラリア人や日本人以外のシェアハウスの情報が多い
日本語地元新聞  日本人のシェアーハウスか日本に興味があるオーストラリア人のシェアーハウスの情報が多い
学校  学校に通っている生徒のシェアーハウスの情報が多い
日本食レストラン・食料品店  日本人のシェアハウスの情報が多い
地元不動産会社  自分で借りる賃貸物件


シェアハウスの各都市平均家賃

都市名 家賃1週間・個室
シドニー A$200~A$230
メルボルン A$180~A$210
ゴールドコースト A$140~A$170
ブリスベン  A$150~A$180
ケアンズ A$100~A$130
アデレード A$140~A$170
パース A$140~A$170
ホバート A$140~A$170


シェアハウスのメリットとデメリット

メリット デメリット
他の国の人と生活する事によって英語が上達する(日本人以外と住んだ場合) 英語力がないとコミュニケーションが取れない(シェアーメイトはボランティアでもホストファミリーでもありません)
他の国の人と生活する事によってその国の文化や生活を体験できる シェアーメイトとトラブルがあった時は自分で処理しなければならない
生活スタイルによって生活費を安くする事ができる  シェアーメイトとの間で金銭トラブルが多い
ホームステイと違い門限等がなく自由  時期や住む場所によって、意外と高くつく場合がある
予算の範囲内で自分で探して、自分の希望通りの場所に住める(夜景のきれいなところやビーチの目の前など)  家具なしの場合、自分で購入しなければならない。退出するときには掃除や手続きが面倒
自分の好きなものを食べられる  シェアーメイトがどのような人かわからない(見学に行くまで顔がわからない)ので見学に行く際は注意が必要


シェアハウスの探し方の流れ

シェアハウス探しマニュアル
  1. その都市の土地勘を持つ。ある程度住みたいエリアを絞っておく。
  2. シェアハウスの情報を収集する(日本語情報サイトや日本語新聞・英語新聞等)。
  3. 気にいったシェアハウスの条件(家賃、住所、電話番号等)をメモに写す。既に入居者が決まっている物件もあるため最低3つくらい候補をあげておこう!時々掲示板に張られている広告をそのまま持っていく人がいますが、これはマナー違反です。
  4. 気に入ったシェアハウスに直接電話を入れる。
  5. 電話をする前に、自分が聞きたいことを英語でメモに記入しておく。
  6. 電話で簡単に入居条件の確認と面接時間と家までの行き方を聞く。
  7. 必ず時間通りに行く事。遅れる場合やキャンセルをする場合は必ず連絡を入れる。社会人としての常識だが、英語が苦手な人はしない人が多いので注意。
  8. 下見に行く際は、女性の場合はできるだけ一人で行かない事。友達と一緒に行く事をお勧めします(レイプ、強盗の恐れがあります)。
  9. 下見のチェックポイント。
    • 交通機関(バスや電車の運行時間と料金)
    • シェアハウスの周りの状況や、騒音、日当たり(家の周りに外灯があるか等)
    • セキュリティーがしっかりしているか(空き巣が多い為)
    • バスルーム・キッチン・リビング等、共同で利用する設備の使用方法、 掃除は誰が担当か?共同で使用する物の把握と負担金
    • 自分の使用する部屋の設備の確認
    • シェアーメイトの生活スタイル
    • 他のシェアーメイトがいるかどうか
    • 家賃の確認(週払いか月払いか)
    • 電気・ガス・水道代・電話代等の支払い方法
    • BOND(保証金 通常家賃の2週間分)の金額と返却方法   
      (通常退出時に、電気代やガス代等を引かれたり、破損したものがあると修理代が引かれて返却される)
    • 自分の生活スタイルと条件の説明
    • いつまで住めるか又はいつまで住むかの確認
    • 退去の際の引継ぎ(通常2週間前に報告)やBONDの返却方法を確認
  10. 条件を相手に書面で記入してもらう。(入居後のトラブルを防ぐ為に必要)
  11. 下見が終ったら、自分の連絡先を伝えて、連絡を待つ。


    シェアハウス探しの注意点

    できれば日本を出発する前に、シェアーハウスを決めたいと思う人もいるでしょうが、オーストラリアに知人がいない限りシェアハウスを決めることはできないでしょう。
    もし、できたとしても決めない方がいいでしょう。その理由として、実際そのシェアーハウスとシェアーメイトを見てみないと入居後、非常に不快な思いをしたりトラブルに巻き込まれる可能性があるからです。逆にシェアーハウスを貸す人にとっても見ず知らずの人を面接もしないで決めることは危険です。 通常シェアハウスを探すのは現地に到着してからになります。

    情報収集の手段としては、日本語情報サイト・現地日本語・英語新聞・語学学校の掲示板・日本食食料品店の掲示板等です。掲示板には、家賃や男性女性の希望等が記載されています。そこで自分の希望のシェアーハウスが決まったら、電話で連絡して、面接の予約をします。その後、住所と行き方を聞き、面接時間に間に合うよう余裕を持って出掛けて下さい。
    そして面接時に詳細を聞き、お互いの生活スタイルや気が合えば、後日連絡をして入居という流れになります。シェアーハウス生活を楽しいものにする為には、入居時に約束事を詳細に聞き、書面に残して契約しましょう。 シェアーメイトと言っても、必ずしも1人とは限りません。2~3人やそれ以上の場合もあり、その国籍も様々です。

    ワーキングホリデーの方は英会話の上達の為に、オーストラリア人とシェアーを希望する人が多いですが、シェアーメイトの中には、英会話の練習相手になるつもりが無い人もいます。シェアーとは基本的に生活費を安く上げるための手段であり、彼らはボランティアの英会話教師ではありませんので、英会話を教えてもらうという意識ではなく、一緒に生活を楽しむという意識で接しましょう。
    シェアーをするのは、比較的簡単に見えますが、実際に生活を始めると小さな不満は色々出てくるものです。他人同士、又言葉が通じない者同士が一つ屋根の下で暮らすのだから当然と言えば当然です。
    日本人の悪いところは、不満や問題があった場合に、それをシェアーメイトに伝え解決しようとしないことです。シェアーをするというのは、それぞれが対等な立場ですから、お互い尊重する為にも、自分の意見をはっきりと伝えましょう。


    シェアハウスのアポイント時の英会話


    最初の電話さえクリアーできれば、後は現地で身振り手振りを交えて相手に伝えることができるでしょう。
    英会話
    I am looking for share accommodation.  シェアハウスを探しています。
    Do you have any room available? 部屋は空いてますか?
    Can I come and have a look the room?  そちらに行って部屋を見ることができますか?
    When is good time for you?  都合の良い時間はいつですか?
    I will come (date) and (time) see you then. Thankyou.  では、(  )日(  )時に行きます。ありがとうございます。
     

    シェアハウス用語



    シェアハウスの情報を見ると、沢山の省略された単語が目に入ると思います。その単語にはそれぞれ意味がありますので、これを知っておくとシェアハウス探しもずいぶんと楽になるでしょう。
    シェアハウス用語 意味 シェアハウス用語 意味
    Bond 保証金(家賃×2~4週間) Fem=Female 女性
    House 一戸建ての家 Lge=Large 大きい・広い
    Unit/Flat マンション・アパート Sml=Small 小さい・狭い
    Townhouse 棟続きの長屋式住宅 Exps=Expense 光熱費・電話代
    M/F=Male/Female 男性・女性 Shr=Share シェアハウス
    Bach=Bachelor *ワンルームマンション Sec=Security 防犯設備
    Ens=Ensuite 浴室付きの寝室 B.R.=Bedroom 寝室
    Incl=Include ~含む F.F.=Full Furnished 家具付き
    Stn=Station Unfurn=Unfurnished 家具無し
    Trans=Transport 交通手段 P.W.=Per week 一週間
    N/S=Nonsmoker 禁煙者 Lug=Lockup Gareae 鍵付きの駐車場
    Cls=Close 近い Bck.yrd=Back Yard 裏庭付き
    Mod=Modern 近代的な Balc=Balcony バルコニー・ベランダ付き
    Comf=Comfortable 快適な Locn=Location 場所・位置


資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
44
今月の残り席
6


2017年11月22日現在