オーストラリア ツアーガイド体験記

【10日目】仕事が2本続けてある時

今日は朝4時30分に起床。やっぱり、起きれるかどうか心配で夜中に2回も起きてしまった。つくづく小心者だと思う。まあ、無事に起きらたのでヨシとしよう。簡単にシャワーを浴びて、04時50分に家をでる。今日も運転手はアルバート。ホテルに到着するまでに、もう『オッハー』は言わないよう注意する。そして5時10分にホテルに到着。

 

ホテルに到着すると、いつもの通りスーツケースが降りているか確認すると思ったでしょ。でも今日は確認 する必要はなし。今日のホテルにはポーターがいないのでお客さんが自分で部屋から運んでくるのだ。 その後、5分ほど待ってお客さんが出てきて、チェックアウトをしてもらう。そして車に案内すると、まさかと 思ったが『オッハー』とアルバート。。。。お前言うなと言っただろう。

 

その後、空港までお客さんを送り、テキパキとチェックインの手続きを済ませ見送る。今日は国際線利用 の国内移動のQF10便だったので、出国手続きのゲートで見送って終わり。その後、すぐに、待たせておいた車に乗り、市内へ至急戻る。理由はもう一組のお客さんをまた空港まで見送りをしなければなら ないからだ。でも今日は一組目のお客さんをスムーズに見送ったので、時間が30分程空いたので、アルバートとマックでに行く。オーストラリアではマックの中にマックカフェがあり、カプチーノが1ドルで 飲めるのだ。それとチョコレートマフィンで軽く朝食を取った。

 

その後、2組目のお客さんをホテルに迎えに行く。迎えに行くと既にロビーでお客さんは待っていた。時間に 正確なお客さんでよかったと思う。忘れ物がないか確認して車に案内する。今回ばかりはアルバートの 『オッハー』はなかった。それでいいんだアルバート。。。。。。

 

それから空港まで行き、今度は国内線に向かう。国内線のチェックインは簡単に済むのでうれしい。 無事チェックインの手続きが終わり、搭乗口まで案内する為にX線検査を僕が通過した途端、恥ずかしながらブザーが鳴ってしまった。お客さんはスムーズに通過したが、僕は再検査へと進む。いつもは 大丈夫なのだが、今日の原因は昨日貰った薬が、ポケットの入っていたのを忘れていて、薬を包んで ある銀紙が感知されたみたいだ。よくタバコの銀紙も反応する。

 

それから搭乗口にお客さんを案内して、搭乗時間まで世間話をしている間に、お客さんの1人が昨日 発熱されたことを聞く。お客さんは大丈夫と言っていたが、日本語医療センターを念のため案内する。 それからお客さんを見送った後、すぐにシドニーオフィスに連絡を入れ、ガイドさんにお客さんが風邪気味 なので、市内観光中気に掛けてもらうようお願いする。

 

今日のツアーガイド業務はこれで終わりだが、オフィス業務は17時まで。また13時間労働。とほほ。。。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
50
今月の残り席
0


2017年9月25日現在