持ち物・荷物の選択


オーストラリアで長期生活するための、消耗品や日常的な物は現地で購入して個人的なもので絶対必要な物は日本から持ち込みましょう!殆どの物はお金を出せば手に入りますが、オーストラリアの物価は日本よりも高いので、学校で必要になる文房具などは日本から持っていかれると良いです!

最近は、都市部には、ユニクロやダイソーがオープンしまして、日本製品が購入しやすくなってきました。

オーストラリアのイメージとして暖かい気候を想像されている方もいると思いますが、シドニーやメルボルン等では冬は日本と同じくらいの寒さになります。衣類などは最小限に留めて、現地到着後、現地の季節に合わせて購入する事をお薦めします。

衣類や日用品等は日本でいう100円ショップみたいなお店が都市部では営業されていますし、フリーマーケットが週末に開かれており、掘り出し物や格安品が購入できます。また現地で友達になった人が帰国する際に譲り受けることもあります。日本から電化製品を持ち込む場合は240ボルトに対応した物とコンセントが三叉になった物を購入し、その上変圧器を購入しなければなりませんので、現地にて購入されることをお薦めします。

オーストラリアの電化製品は日本と比べて旧式な物が多く、料金が高い場合がありますが、中古品が出回っていて、フリーマーケット・ガレージセール・セカンドハンドショップ等で購入できます。ネットでも安く買えますし、また日本に帰国する人が情報センターや現地日本語新聞に帰国セールと言って個人売買の掲示板を出したりしています(これが品質のいい物を一番安く購入できます)。できるだけ少ない荷物で出発しましょう。それから日本食料品ですが、最近は一段と検疫が厳しくなっていますので、肉類(肉の入ったカップヌードル等)や卵類(マヨネーズ)は持ち込みしないよう気を付けて下さい。

詳細はオーストラリア検疫のホームページを参照して下さい。

(AICスタッフの体験談)

オーストラリアの洗濯機はとても強く、衣類が傷みやすいということを知らなかったので、洗濯ネットに入れずにお気に入りの服を洗濯したところ。。。首はよれよれ、形は崩れとても悲しい思いをしました。これから出発される皆さん!洗濯ネットは必ずお持ちください。また、100円均一で売っているような、タコ足の洗濯干しが旅行中、ホームステイ中など、下着だけ手洗いしたい時にとっても便利でした。おすすめです!
あとはバッパーなどに滞在する予定がある方は南京錠を持っておくと良いでしょう。(現地でも購入可)
S字フックなんかもあるととても便利ですね。

(AICが出来ること)

オーストラリア国内で荷物が多量にある方で荷物を預けたい場合、AICにご契約いただいているお客様は、AICブリスベン・ゴールドコースト・シドニー・パース・メルボルン・ケアンズで荷物を預かることも可能です。日本出発前に荷物を各支店で預かることも可能です(条件あり)。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
44
今月の残り席
6


2017年11月22日現在