歯の治療

オーストラリアの渡航前(2~3ヶ月前)に、必ず歯医者にて虫歯がないかチェックしてもらいましょう!自分では大丈夫と思っていた歯も、実は虫歯になりかけていて現地に行ってから、歯が痛くなるということもあります。。虫歯が何本かある場合は、歯医者に通うこととなり、治療にも時間が掛かります。オーストラリアで歯の治療を受けるのは大変高額で、一般的な海外旅行傷害保険(特約をつけることは可能です)では歯科治療はカバーされません。(転んで歯が欠けたなどの、ケガにともなう治療については、通常の治療救援者費用でも補償となるケースはあります。)オーストラリアでは、虫歯に詰め物をする歯科医院は殆どなく、セラミッククラウンの治療となるため、治療費は日本の自費治療と同じ位で8万円~15万円となります。飛行機代のほうが安いため、一度帰国をしたという話も聞きます。現地で安心して過ごしていただくためにも、早い時点で歯医者での受診をお勧めします。

(AICスタッフの体験談)

私がワーキングホリデーで来た時は、キャラメルを食べていて銀歯の詰め物が取れてしまいました。当時は200ドル程で直してもらいました。それから10年程経っていますが、数年前も銀歯の詰め物が取れて歯医者に行きましたが、260ドル程かかりました。オーストラリア人、永住者もMedicareと呼ばれる健康保険だけでは、歯医者のカバーはされず、カバーを希望する場合はプライベートの保険に入る必要があります。

もしも銀歯の下が虫歯になっていたら、虫歯の治療としてもっと費用がかかるそうです。私は幸いにも詰め物が取れただけで、虫歯ではなかったのでこのくらいの費用ですみました。また、詰め物も選ぶことができたので私は白のものにしてもらいました。ものによってはもっと高くなるそうです。詰め物を持っていけばそれを付けてもらう事も可能ですが、新たに詰め物を入れるのとそこまで費用は変わりませんでした。

こちらでは銀歯がなく、歯医者の先生に見せるたびに日本は医療も進んでるのに不思議だね・・と言われます。一時帰国の際に日本の歯医者さんに聞いた所、銀歯は、やはり年数が経ってくると接着力が落ちてくるので、どうしても取れてしまうとの事でした。私も最近のものは、ガムやキャラメルではなかったのですが、お煎餅を食べていて取れてしまいました・・日本出発前に、定期検査をしてから渡航されることをお勧めします!

(AICが出来ること)

当社にて歯の治療のお手伝いは出来かねますが、お申込み頂いた際に、必ず歯医者へは行って頂くよう、お勧めしております。歯の痛みがなければ普段は行かないことが殆どだと思いますが、出発時期に合わせて歯医者への予約を取りましょう。現地で治療が必要になった場合は、歯医者の紹介はしております。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【7月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
0
7月の残り席
10


2020年7月5日現在