海外旅行傷害保険の手配

オーストラリアに滞在中に怪我や病気になって病院で治療した場合、日本で国民保険料をオーストラリア滞在中に支払いを行っていれば、国民健康保険でカバーされるケースもありますが、最初はご自身で全額負担をしなければなりません。帰国後に保険の対象になるかの審査がありその後の返金になります。日本の医療費は他の国と比べて安いケースが多く、その差額やレートで損をするケースがあります。クレジットカードに付属で付いている保険等は、補償額が少ないケースや、クレジットカードにて旅券を決済しなければいけなかったり、殆どの場合1日~90日間までしかカバーされないケースが多いので、必ず事前に確認が必要です。また海外旅行保険は、出発日から加入が条件となりますので、クレジットカードの保険と保険会社の保険と組み合わせて加入することができません。

または、保険はご自身で手配を!とお考えのお客様もいらっしゃるかと思いますが、現地で何かしらのトラブルに巻き込まれた場合、保険会社とお客様の家族の間で、一番良い条件での、航空券のお手配、宿泊先の手配、ご家族様へのご案内等で対応をするためにも、手配をするエージェントで保険の手配をおすすめいたします。他社で申込んだ場合、AICからその保険会社に何かを働きかけることは非常に難しく、個人情報保護法により、細かいことは確認できません。ただ単純に保険の枠だけの問題の場合であれば、補償内容に問題はないかと思いますが、現実は大きな病気・事故の場合は、保険の枠以外にもお手伝いをしないといけないケースが多く存在します。

AICで保険申込をしていただく場合は東京海上日動の正規代理店である為、大きなトラブルの際は当社が間に入ってお客様の不利益にならないようアドバイス、ご対応をする事ができます。何かあった時にはすぐにお客様の情報の確認し、サポートさせて頂くことが出来ます。

海外旅行傷害保険は選ぶプランによって費用が大きく変わりますので、ご自身にあったプランをお選びください。保険の契約の仕方は、以下の保険を組合せご自身にあったプランをお選びいただきます。

①基本補償:怪我をした時の補償 死亡・後遺症・治療費用と病気になった時の補償

②賠償責任:他人にケガ等をさせてしまったときや人の物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償

③携行品+生活用動産:海外旅行中に携行品が盗難・破損・火災等の偶然な事故にあって損害を受けた場合の補償


(AICスタッフの体験談)

私が初めてオーストラリアに渡航した時は、保険の知識や必要性が全くわかっておらず、家族の勧めでしぶしぶ加入をしました。初めの数ヶ月間は元気に過ごし、病院に行くことがなかったのですが、オーストラリアの乾燥した気候のせいか、普段はでない皮膚がただれ自分ではどうしようもない状態になり、初めて病院に通院しました。もちろん、自分の症状を英語で伝えるだけの英語力もなく不安だったのですが、日本にて保険に加入しているという理由で、日本人のナースが通訳に入ってくれ、とても安心しました。なれない土地での病気は必要以上に不安になります。現地で保険に加入したお友達は、日本語での診療を受けるための通訳代金に何万円も支払っていました。保険料はけして安くありませんが、何かあった時には必ず役に立つものです。健康な状態では、なかなかありがたみを感じることはできないのですが、万が一のため備えて、日本の保険に加入することをお勧め致します。

(AICが出来ること)

AICは東京海上日動の海外旅行傷害保険を専門に扱う代理店です。AICは保険資格を持ったカウンセラーが的確なアドバイスを行い、留学やワーキングホリデーに最適な商品のご紹介・手配をいたします。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。詳しくは『海外旅行傷害保険の手配』をご覧ください。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
50
今月の残り席
0


2017年5月28日現在