英語力の向上

ワーキングホリデー・留学に行こうと思った時から英語の勉強をして下さい。なぜならオーストラリアは英語圏の国だからです。相手の国を理解するのも、オーストラリア人を理解するにも英語が喋れないと本当に理解する事は難しいですよね。英語圏の国で生活できるという特別な環境を活かして、有意義な時間にしましょう。

オーストラリアに1年間行けば、英語が喋れるようになると誤解しないで下さい。それはオーストラリア人の中で生活し日本語を喋る機会が一度もないような環境に置かれた場合です。現実はもっと厳しいのです。皆さん一大決心して決めたオーストラリア渡航を、より充実したものへとする為にも、1つの単語でも構いません、毎日勉強してみて下さい。それがワーキングホリデー・留学を成功させる重要なポイントの一つです。中学や高校時代の教科書でも充分です。毎日コツコツ勉強しましょう。

よくお客様から『英会話スクールに通った方が良いですか?』ご質問を頂きますが、予算の余裕があり、毎日通える時間があれば勿論良いと思います。ただし、1週間に1回レベルでは、あまり意味がないと思います。英語は毎日使い、予習、復習して初めて自分の身につくものです。英語の勉強はオーストラリアで集中した方が、短期間で実力がつきます。中途半端に日本で勉強するよりは、その時間をアルバイト等に利用して、オーストラリアで1週間でも長く学校に通えるといいですね。

 

(AICスタッフの体験談)

私がオーストラリアに到着した時は正直全く喋れませんでした。ハローとオッケーとイエスとノーくらいは知っていましたけど…。おかげで到着した時から大変でした。シェアーハウスを探すのに待ち合わせの場所のPOST OFFICE(郵便局)が分からず、オーナーに会うのに3日かかりました。こういう事態にならないよう、最低限の英語の勉強は日本にいる時からスタートしましょうね。初めに滞在するホームステイ先でも少しでも話せると、よりホストファミリーとの交流が持てます。

 

(AICが出来ること)

スタッフの経験から、オススメ勉強方法をご案内致します!
現地の語学学校では授業自体も全て英語になります。授業で使う、単語を少しでも覚えていけると授業にスムーズに入っていけるかと思います。例えば、名詞、動詞、形容詞が何て英語で言うのか。また文法名もです。現在進行形、過去形、過去分詞形など文法も様々ですが、それを英語で何と呼ぶのかなど覚えていくと、スッと授業に入れますので、とても為になるのではと思います。

またお勧め教材としては、Grammer in USEといった、英語の文法の教材です。説明書きも全て英語なのですが、イラストを使ったり、とても分かりやすく説明してくれていますので、良いかと思います。現地の留学生も多くこの教材を使っているのを目にしました。レベルごとに色分けされているので、最初は赤色から始められると良いかもしれません。中級が青色になります。Amazonなどネットでも購入できますよ。中古のものでも十分かもしれません。中身も閲覧できますので、参考にしてみて下さい。

後は、映画やドラマなど海外もののDVDなどを見ることですね。なかなか英語をいきなり聞き取るのはかなりハードですので、英語の字幕を付けると効果的ですよ!聞きながら目でも追えますので、何を話しているのかも理解しやすく、またコミュニケーションで必要な英語の使い回しなど覚えていけるかと思います。

皆さん日々の努力です!頑張りましょう。

資料請求

  • AICのサポートサービスについて
  • ワーキングホリデーのご案内
  • オーストラリア留学のご案内
  • 短期留学のご案内

AICに申し込む

【今月のお申込み状況と残席数】

今月お申込み頂いたお客様
44
今月の残り席
6


2017年4月22日現在